www.inpbc.org
Welcome to Bread of Life Baptist Church website!
イエスは言われた。「わたしはいのちのパンです。わたしに来る者は、決して飢えることがなく、わたしを信じる者は、どんなときにも、渇くことがありません。」ヨハネ6章35節

聖書って何のスタート:聖書について基本的なこと

聖書は二つの部分があります。

最初の部分は「旧約聖書」と言います。その中に書物が39あります。旧約聖書はキリストの時代の前に書かれました。元に大部分がヘブル語で、少しがアラマイク語で、書かれた。二番目の部分は「新約聖書」と言います。その中に書物が27あります。新約聖書はキリストが復活した後の数年間の内に書かれました。元にギリシャ語で書かれた。

聖書は人間への、神様のメッセージです


聖書は人間に特別の啓示によって与えられた。霊感と言う過程によって与えられた。それは、占い者の霊感みたいではありません。霊感という意味は、誠の神様が預言者という人にご自分の計画した言葉を書かせて下さったという意味です。それと同時に、神様は預言者が一人一人の個人的な文体で書く事を働かせて下さった。
テモテへの手紙第二 [新改訳]
3:16 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
3:17 それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。
ペテロの手紙第二[新改訳]
1:21 なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。
人間に対する、神様のメッセージとして、聖書は人間に神様について知らないと行けない事を教える。自分の歴史と起源について知らないと行けないことを見せる。人間に人間に対する、神様の計画のことだけでなく、どのようにして神様が歴史の初めからその計画を働かせてきて下さった事も示す。人間に正しい関係を神様と一緒に作ることも教える。生活の正しい仕方をしめす。正しい事と悪い事が何だかを教える。

聖書は確実な物でも信用できる物でもある。歴史の専門のある本ではありません。しかし、歴史的な部分が多くあり、確実です。その確実性を支える証拠も多くあります。同様に、聖書は科学の教科書ではなくても、科学について教える場合には、確実です。


聖書は独特の物です

聖書のような書物はないうえに、昔から今までも、そのような書物がありません。

どくとく【独特・独得】
[形容詞]
はっきりした特徴などを、そのものだけが持っているようす。
聖書はその連続性と統一体に独特の書物です。40人の著者によって、1500年間の内に書かれた書物の集まりです。その著者は色々の所に住み、色々の職業がありました。それにしても、聖書の書いた人々は議論的な問題について何度も書いても、皆一致しています。

聖書は発行部数には独特な書物です。全世界の他の書物よりも人が聖書を読んだことがあります。どんな書物よりも出版された冊数が多くあります。

聖書は翻訳のに独特の書物です。大きいな書物の中に最初の翻訳された書物です。ユダヤ人の学者たちは250B.C.ごろ聖書をギリシャ語で翻訳しました。他の書物よりも、多くの国語に翻訳されています。

1966年までに聖書の全体が国語と方言に翻訳されてきて・・・部分的にさらに739の国語と言語に翻訳されてきた。合計は1280国語と言語です。2
聖書は残存に独特の書物です。長い間たっても、迫害非難がひどくても、残存してきました。
「滅びやすい原料に書かれて、印刷機が発明する前に何回も、繰り返しても写されたりする事は、その文体や確実性や存在を減らす事はなかった。他の古代的な書物と比べてみると、聖書は、古典の書物の中から10冊を結び合わせても、写本の証拠がその十倍よりもたくさんあります。」3
聖書は預言の教えに独特の書物です。他の本と違いまして、色々の国について、イスラエルについて、全ての国とその国民について、色々の都市について、全世界の救い主であるキリストの来られる事について、預言がたくさんあります。その上に、その預言は実現されてきました。

聖書は歴史的な教えに独特の書物です。古代のドキュメントの中に、その完全性や精確や真実には、比類のない書物として認められています。その歴史の記録に、自分の人物や国民や支配者や宗教の指導者の良いことだけでなく、悪いことも含めて正直に書いてくれました。聖書は考古学者の発見によって古代歴史の議論点にさえ繰り返して確かめられました。それ故、度々考古学の研究に道具として使う場合がめざらしくはありません。

聖書は道徳的な教えに独特の書物です。ある程度に、他の宗教的や法律的なドキュメントが聖書の道徳的な標準に似ているのに、それらと聖書の違う点が意味深いです。まず第一に、聖書の戒めは誠の神様に基づいています。それらに従う理由は、全ての人間が全てのものを創造して下さった神に聞き従う責任を負います。もう一つの違う点は、その神の他に、神々を拝む事も、偶像を作って拝むことも悪い事です。さらの違う点は、聖書の戒めはみな愛に基づいています。イエス様はこうおっしゃった:

12:28 律法学者がひとり来て、その議論を聞いていたが、イエスがみごとに答えられたのを知って、イエスに尋ねた。「すべての命令の中で、どれが一番たいせつですか。」
12:29 イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。
12:30 心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
12:31 次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。」
イエス様はその最高な愛の模範を残して下さいました。私たち人間のために十字架で死んで下さいました。
5:5 この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。
5:6 私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。
5:7 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。
5:8 しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。

聖書は信頼できて、確実な書物です。

聖書の本文はその原文と同じく私たちの時代まで忠実に伝えられてきましたか?あるいは堕落され、変わってきましたか?実は、今日の聖書の本文は堕落されずに原文と同じく伝えられてきました。

聖書の確実はその写本の数によって示されています。現在、新約聖書の写本が24,000現存しています。古典文学の中にその統計に一番近いのはギリシャ人ホーマーのイリアドです。それは写本が643だけ現存しています。

聖書の確実はその写本の歳によって示されています。新約聖書の一番早い写本は新約聖書の最後の書物である黙示録の書かれた時から25年間の内に作られたそうです。古典文学の中に一番早い写本はヴァージルの作文です。ヴァージルは古代ローマの詩人です。彼の一番早い写本はその死亡から300年後で記されたのです。

聖書の確実はその純粋さによって示されています。新約聖書は、堕落されてきたところがあまりありません。特に、他の古代書物に比べるとそうです。

新約聖書は行数が20,000行ぐらいです。イリアドは行数が15,600行です。新約聖書の中に疑問のある行数は40行(400言葉ぐらい)しかないのですが、イリアドの中に疑問のある行数が764行あります。5
と言うのは、イリアドの堕落された本文は6%ぐらいですが、新約聖書の堕落された本文は0.2%ぐらいでしかありません。
インドの「マハブハラタ」と言う国叙事詩はそれよりすごく堕落を受けてきました。その叙事詩は全文で250,000行あります。その中に堕落されたのは26,000行です(10%)。6
bible graphic 2現在使っているヘブル語の旧約聖書本文はもっとも古い現存の写本とわずかな少ししか違わないので、それらが精確であると確信することが出来る。その上等は、旧約聖書を写したユダヤ人の学者たちが聖書を大変尊敬していた事によるのです。彼らはそれを誠の神様の言葉だとして信じていたのだからです。聖書を写したり確かめたりする細心な方法を使っていたのだからです。旧約聖書全体の字数だけでなく、一つ一つのその中にある書物の字数も数えて確かめました。その上、その確実の真ん中にある字をも位置を定めたのです。その他に、間違いに対して守る処置をたくさん用いていました。7

言葉の定義

啓示
前に隠れた事か、前に分からない事を明らかにする事という意味です。